クーロン黒沢のおもしろ沖縄探検記

市場と占いとスピリチュアルと【那覇よもやま話】


国際通り近くのパーキングに車を停め、ごちゃごちゃした小さな土産物屋が密集する「市場本通り」のアーケードをずんずん歩く。


このへん、毛細血管のような細い路地が折り重なり、路上の小さなテープルで、真っ昼間から一杯ひっかけている人も多数。独特のまったりとした空気が流れている。


しばらくすると「公設市場入口」という案内プレートが見えてくるが、こちらが那覇の台所「牧志公設市場」。なんと1951年開設。現在の建物は1972年に建て替えられたものらしいが、それからすでに半世紀近くが経過。まさに「昭和遺跡」と呼びたくなる、70年代むき出しの煤けきった建物だ。


市場内には魚介・肉類をはじめ、約200ものお店がぎっしり。長い歴史のなか、寂れかけた時代もあったそうだが、ここ最近は勢いを取り戻し、那覇を代表する観光スポットとして完全復活。外国人・日本人を問わず大勢の観光客が詰めかけている。



本土の市場ではめずらしい、南国系の色鮮やかな魚や豚の頭がドバッと並んだ迫力の光景は一見の価値あり。肉や魚以外にも、お土産に喜ばれそうな乾物や漬物、ちょっぴりグロい食材も売られていて、市場二階の食堂では(一部の食堂のみ:通常3品調理で)一人500円程度の手数料でそれらの持ち込み食材を調理してもらえる。

定番料理はもちろん、ウミヘビ汁、山羊汁など。あっち系のキワモノメニューもさりげなく充実していて見逃せない。


そんな「牧志公設市場」だが、過酷な雨風に何十年も晒され、建物は老朽化でヨレヨレ……。それ自体がこの市場の味でもあるが、紆余曲折の末、建て替えが決定している。

現在の建物は2019年中に一旦取り壊され、新しい市場が完成する2022年までは、近くの「にぎわい広場」に仮設店舗が建つ模様。つまり、歴史のエキスが濃縮された現在の「牧志公設市場」を拝むなら、今年・来年がラストチャンスというわけ。



ここまで煽っておいて何だが、市場の周りも飲食店だらけ。沖縄料理なら公設市場すぐ近くにあるコスパ最強の「花笠食堂」も超オススメだ。刺身・天ぷら・煮付けに、ラフテー(皮付き三枚肉)・ミミガー(豚の耳皮)・イナムルチ(沖縄味噌汁)という沖縄惣菜三種をミックスした琉球定食が1100円! 白米・玄米・赤飯からメシをチョイスできる小技も素敵。


おしゃれと縁遠いランチに傍らの彼女がむっつりしたら、食堂のすぐ裏にある地元の水神を祀った「いわくありげ」な拝所に導き、スピリチュアル・パワーでうやむやにすればよし……。パワスポ好きな女の子なら、ささいなことなどすぐ忘れてくれるはずだ。



そして最後にご紹介するのが、こちらも公設市場近くの路地裏にある、知る人ぞ知る謎の店「金玉判断」である。

インパクト抜群、思わずギョッとする遠慮なしの看板だが、決してタマタマをどうこうするのではなく、金城さんというユタ(沖縄のシャーマン)が経営する占い処。


沖縄人にとってユタとは、単なる「占い師」の枠組みを越え、最も身近なカウンセラー的存在でもある(らしい)。料金は1時間3000円と明朗会計&リーズナブル。見る者すべてをギョッとさせる看板を掲げながら、不在の多さでも有名なこちらのお店。残念ながら今日も無人。伝説のユタと会うには電話予約が必須のようだ。


那覇市第一牧志公設市場
沖縄県那覇市松尾2-10-1
営業時間:8:00~20:00(第4日曜日は定休)