クーロン黒沢のおもしろ沖縄探検記

沖縄パワースポット探検!【ガイコツ山】不思議大好き女子と行くデートはここ!

琉球王朝の象徴・首里城は、パワースポットが集まる沖縄でも屈指の存在。首里城正殿の正面、五色に輝く雲が色鮮やかに描かれた「彩雲」は、目にした者に吉兆が訪れるとされ、毎年多くの観光客が「癒やし」を求め殺到している。



那覇の中心部にあって、モノレールやバスで簡単にアクセスできる便利さはもとより、閉園後、日没から深夜までの時間は幻想的にライトアップされ、ムード満点のデートスポットに変身──まさに昼も夜も至れり尽くせり。

これならどんな女もイチコロだ! と思いきや、世の中それほど甘くない。


まずひとつ! データから検証してみよう。沖縄の象徴である首里城の年間入場者数は驚きの200万人! 週末や連休シーズンは特に混雑が激しく「人だらけ」の印象。

そしてもうひとつ、分母が200万では、もらえるパワーも200万分の1。だよね……? シロウトならまだしも、パワースポット中級者を案内するには余りにもありきたりすぎる。



そこで私が注目するのが、沖縄北部・名護にある、その名も「ガイコツ山」。

昼なお暗い森の奥には、動物や人間の風化した骨が散らばり、深夜、肝試しに来たDQNの若者が、謎のうめき声を耳にして気絶。なんてエピソードもまことしやかに語り継がれる、沖縄県民の間でも知る人ぞ知るミステリースポット。ひえええええ〜!



那覇市内から車で約1時間半。付き合って間もない女性を連れて行くには、色々な意味でちょっぴりリスクの高い場所だけど。虎穴に入らずんば虎児を得ず──。僕には万一のための保険もある。スピードレンタカーで借りたレクサス ISコンバーチブルだ!



IS250をベースにコンバーチブル・クーペ化したIS250Cは、2.5リッターV6エンジンを搭載。6速ATは変速ショックとは無縁のスムーズ感。さらにパドルシフトでスポーティなドライブフィールをたっぷり味わえる。

路面の状態をきっちり伝えながら、乗り心地にも十分配慮したラグジュアリーな足回り。コーナリング剛性も高く、沖縄特有のワインディングロードでもボディのきしみなど全く感じない。

万が一、目的地を知った彼女が激怒しても、帰りのドライブで名誉挽回! こんな車が5,990円で借りられるなんて、沖縄に来て、本当に良かった……。


ガイコツ山
沖縄県名護市勝山
TEL なし